商売繁盛心得

カリスマ・ママさん

7月7日は佐賀市内で商談の後、

仕事と私用もあって多久に行きました。

お昼ごはんをどこで食べようかと迷っていたら、

ここ暫らく「アムール」に寄っていないことを思い出し、

あわてて「アムール」に飛び込みました。

場所は国道203号線(唐津街道)を佐賀方面から唐津方面に

向かって行くと、市役所や郵便局を過ぎて下り坂になりますが、

下りきった場所が「浦山交差点」。

この「浦山交差点」のすぐ左側にお店があります。

 

住所:多久市北多久町大字小侍666−42

電話:(0952)75−4881

アムール外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は仕事柄、繁盛店や儲かっている企業の観察をするのが

癖になっているのですが、改めて店内を見回して、

「男性もいるけど、相変わらず女性客が多いなー」と

思ったのが第一印象です。

多久市内の飲食店で一番の繁盛店はこの「アムール」だとの

噂がありますから、その理由を探しました。

 

(1)厨房も含めて、整理整頓が行き届いている。

 

(2)清掃が徹底されているから清潔。

床も隅々まで掃除してあるし、天井の梁や桟、照明器具、

腰窓の桟、窓ガラスなどが拭きあげられているので、すがすがしい。

 

(3)予想外のサービス

着席した途端に、笑顔のママさんからお絞りを

手渡しでいただきました。

喫茶店やレストランでは、お絞りが出てきてもテーブルの上に

ポンと置かれるのが普通なので、

私は心の中で

「ウッソーお絞りを手渡しでいただいた!!」と感激。

(ある意味、私は単純で感激屋です)

 

(4)笑顔で挨拶

たまたま「研修生」の名札を付けた女性スタッフが

担当してくれたのですが、彼女も笑顔です。

なんたって、自然の「笑顔」が一番!!

 

(5)落ち着いた雰囲気

ファミリーレストランは若い人がグループで来て

騒いだりしますが、この「アムール」では女性1人でも安心して入れる、

落ちついた雰囲気があります。

 

(6)看板メニューがある

何の商売も他社と差別化する強い武器が必要ですが、

飲食店の場合はメニューと味、そして価格でしょう。

この「アムール」の人気商品は、ずばり「カリー(カレー)」です。

一般的なお店のカレーは、白ご飯にカレーをかけてありますが、

ここのご飯(ライス)は軽く炒めてあります。

それに自家製のカレールー自体がとてもおいしい。

他にも、ティータイムでおしゃべりが大好きな女性客にとっては、

何たって「スイーツ」がお目当てでしょうか。

 

(7)価格

  お昼の日替わりランチ680円はお得です。

他のメニューも割高感がありません。

 

(8)率先垂範

「アムール」のママさんを観察していると、客席側と厨房、

そしてレジの場所をすいすい動きまわります。

一箇所にボーッと立っている時間がありません。

客席側に立ち寄った時は、お客様の食事の進行具合を見て、

アフターコーヒーを出すタイミングを計っています。

厨房付近にいる時は、手を動かしながら

(此処が大事なポイント!無駄な時間を作らない!)、

研修生にアドバイスをしたり、研修生に質問をして

コミュニケーションを図っています。

勿論、レジでの精算の時はきちんとお客様に

お礼を述べておられます。

恐るべし!!カリスマ・ママさん!!

 

今回は、ビジネスカツカリー(豚肉100グラム)880円と、

ドリンク100円の980円でした。

とんかつの肉が柔らかくて、とてもおいしかったです〜!!

アムールカレー



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

経営者の素質

男性読者の皆様、バレンタインデーにチョコレートをもらいましたか?私は妻、娘それに知人の女性からチョコレートをいただきました。

 

娘から214日に聞いた話ですが・・・、娘の勤務先の部長もチョコレートをたく

さんいただいておられたようです。

 何気なく机の上のチョコレートに気が付いた娘が、「たくさんいただかれたようですね」と声をかけたら、「内野さん、おひとつどうぞ」と声をかけていただいたそうです。

 

 そのあと、「内野さんも、チョコレートをあげましたか」と部長から声をかけられた娘は、素直に「父にあげました、毎年あげていますよ」と答えたそうです。

 部長から「エッ、毎年あげているの?」と聞かれて、娘は「ハイ、うちでは誕生日や何かの記念日は必ずお祝いをします。部長さんのお宅ではどうですか?」と逆に質問をしたところ、「イヤー、我が家はそんなことはしないな〜」と返事されたそうです。

 

 娘が、「この前の節分の日も、父が玄関先で鬼の面をかぶって暴れて、母が豆を父に向かって投げつけて、大騒ぎしていました」と報告したそうです。

 部長から、「エッ、お父さんとお母さんは仲がいいんだね。お父さんは幾つ?」と聞かれた娘は、我ら夫婦の本当の年齢を教えたそうですが、「(実年齢よりも精神的年齢が)ふたりとも若いねー」と言われたそうです。

 

 我が家族は意識したことが無いのですが、周りの方から共通して指摘されるのは「内野さんの家族は、夫婦仲も親子関係も大変良い」と言われていることです。

おつきあいしている友人や知人は異なるのに、私と妻、そして娘達も同じように思われている点が不思議でなりません。

 

そこで思い出したのは、セミナーでお会いした成功者の社長や、経営コンサルタントから聞いた話です。

「成功する企業のトップは夫婦仲が良い。夫婦仲が悪ければ、会社経営に身が入らず影が出る」・・・。その話を聞いたときは「へー、そんなモノなのか」と聞いていたのですが、回りを見渡すと、なるほどそうかと思える経営者がおられます。

 

私も素晴らしい経営者に成れる。その素質があることを再確認しました。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

茶の葉堂:原野製茶様の年末

年末に、八女茶の産地で頑張っておられる「茶の葉堂:原野製茶本舗」様を、保守点検で訪問しました。

年末はお歳暮シーズンで多忙な時期ですが、少し時間を頂戴して社長ご夫妻と写真撮影をしました。

 

茶の葉堂ご夫婦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか?お二人ともいい顔しているでしょう。

世の中不景気な話題が多いのですが、好調な企業も多いのです。

ただし、お客様がお気付きにならない所で、物凄く勉強と努力をしておられます。

努力をしないで、寝て待っていて事業が成功すれば事は簡単ですが、まずありえません。

努力をしない会社は潰れます。

「ピンチの裏側にチャンスがある」事を信じて、努力した会社が生き残って行きます。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クイズヘキサゴンと羞恥心とUSP

先日、お笑い芸人さん主体のカラオケ大会が放送されました。カラオケ大好き家族の我が家では、義母以外の家族4人が「にわか審査員」に変身しました。

対戦ごとに、「○○さんがうまい!!●●さんの勝ち!!」と言いながら、表現力や音程のわずかな狂いまで、事細かに批評しあって盛り上がりました。

 

今回の出場者の中で大変驚いたのが、「渡る世間は鬼ばかり」に出演中の女優藤田朋子さん。お笑い芸人の中に混じって参加されました。

しかも、とても歌がうまかい!!残念ながら優勝はできませんでしたが、手や指先など体全体をうまく使って歌を表現され、とても表現力がありました。(素晴らしい!!

 

前回優勝者のつるの剛志君が、「結婚式をあげていないので、優勝賞金500万円は結婚式の費用にする」と宣言して、宣言通り、つるの剛志君が優勝しました。(おめでとう)

つるの君は蝉の知識に詳しい、ただのおばかキャラではありませんでした。

 

番組中「つるの君はアルバムを出したらどうか」と話題になりましたが、私も真面目な話が徳永英明さんのようにカバーアルバムを出して欲しいと思います。

今回歌った曲の中にもともとは女性の曲があったのですが、男性のキーに音程を合わせ、みごと自分の曲にして番組出場者だけでなく、我が家族を魅了しました。

 

さて、つるの剛志君は皆様ご存知か思いますが、元々はウルトラマンを演じた人気俳優さんですが、何と言っても「クイズヘキサゴン」に出演して、「おばかキャラ」で人気者になりました。

つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹の男性おばかキャラ3名は「羞恥心」としてユニットを組んでCDを発売して、しかもヒットしています。

女性の「おばかキャラ」では、スザンヌ、里田まい、木下優樹菜の3名がCDを発売しています。(がんばれ!!おばかさん)

 

テレビのクイズ番組は他にも多いのですが、「クイズヘキサゴン」は他のクイズ番組と大きく差別化しています。

他のクイズ番組は知識の豊富な参加者がもてはやされますが、「クイズヘキサゴン」はラサール石井さんのような知識人よりも、おばかキャラの前述6名が主体で番組が編成されています。

 

「クイズヘキサゴン」のUSPは、ずばり「おばかさん」です。

USPUnique Selling Proposiitonの略。

 自社(自製品)のみが持つ独特の強みや他社には無い独特の提案のこと

 

事業で成功するのに大切なことの一つがUSPの確立ですが、「クイズヘキサゴン」は番組のプロデューサーや司会の島田伸介さんが企画段階でプランを練り上げ、おばかさんの出演者の魅力を引っ張り出すことによって、他のクイズ番組とは異なるUSPを確立しています。

 

事業においてもUSPはとても大切ですが、「クイズヘキサゴン」はクイズ番組の中でUSPを確立した良い見本です。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

子供は未来の見込み客

福岡県八女郡広川町の八女茶製造販売会社「原野製茶本舗」原野社長は大切なお客様のひとりですが、お互いに「ランチェスター経営」を勉強している仲でもあり、仕事のお付き合い以上に、商売繁盛の意見交換をする大切な仲間でもあります。

今回は、「子供は未来の見込み客」であることについて考えてみたいと思います。

 

原野製茶様では秋の「大感謝祭」と、春の「新茶祭」の2大イベントを開催されております。

今回も直販店舗の「茶の葉堂」様では、10月24日から26日までの3日間「大感謝祭」を開催されました。

山口・長崎・熊本など、高速道路を片道2時間かけて来店されたお客様もおいでになりました。

大人のお客様に混じって、子供さんが多かったのも特色でしょうか。

 

大人のお客様にとっては、魅力ある特別な商品が魅力です。

お店に来ることができない全国の通信販売のお客様にも、期間中は特別なサービスが提供されています。

また、イベント参加者の意見や感想は、「お客様の声」の投稿ハガキが「ニュースレター」に掲載され、約1ヵ月後には全国のお客様に届けられます。

 

イベントに参加した子供達にとっては、「手作り凧」や「昔懐かしいゲーム」も魅力ですが、最大の人気は「餅つき」です。

杵つきを待つ子供達は、笑顔で整列して順番を待ちます。

付き添いの親御さんや祖父母たちも、笑顔で携帯カメラのシャッターを押していました。

最後は仲良く「抹茶入りお餅」を食べていました。

 

私は楽しいことが大好きです。皆様もきっと同じだと思います。

親も、子供達も茶の葉堂のイベントは心に残ります。 

集客を考えたとき、一般的に新規客一人当たりの集客コストは既存客の5倍かかると言われています。

今回のイベントに参加した子供達は、確実に将来の見込み客です。

 

茶の葉堂のスタッフにとっては、イベント準備は大きな負担です。

でも遠来のお客様との絆が深まり、お客様の笑顔が直接は意見できることは、スタッフにとっても大きな喜びだと思います。

 

お客様を楽しませる。

スタッフも仕事に生きがいを感じる。

将来の見込み客をじっくりと育てる。

商売繁盛の秘訣を垣間見た気がします。

 

茶の葉堂ゲーム茶の葉堂並ぶ

茶の葉堂餅1

 

 

 

 

 

 

茶の葉堂4

茶の葉堂餅3茶の葉堂餅5



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

名刺

 7月26日に主催した佐賀市でのセミナーで、「名刺」を取り上げました。

 

何故「名刺」をテーマに取り上げたかと申しますと、名刺交換をさせていただいた方の名刺を拝見すると、「会社名・役職・氏名・住所・電話番号・FAX番号」のみの名刺が多く、せいぜい取り扱い商品名やサービス名が印刷されています。

 

 勿論、名刺の裏面は真っ白です。一部の方は、「いや〜内野さん!名刺の裏側はメモを書くために空けているのですよ」と、言い訳する方もおられます。

 名刺を有効利用しておられない方に、「名刺を改善して、もっとお取引先を増やして業績アップ・開運して欲しい」・・・、そんな願いで名刺をテーマに取り上げました。

 

名刺は小さな印刷物ですが、何らかの理由でお会いした方ですから、相手の方に自分のことを覚えていただくチャンスをいただいています。

何の変哲もない名刺は、下手するとゴミ箱へポイと捨てられてしまう恐れがあります。こんな勿体無いチャンスはなかなかありませんから、相手の方に自分を売り込む機会ができたなら、グサッと突き刺さるか、やんわり突き刺さるかは別として、まず自分を売り込むために工夫をするべきです。

 

 茶道では「一期一会」と呼ばれるおもてなしの心があります。

茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた言葉です。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであることと教えています。

ビジネスの世界でも、商談であろうとなかろうと一期一会に変わりはありません。

名刺がきっかけで会話が弾むことになれば、商談が成功したり、趣味が一緒だとわかれば一生のおつきあいが始まるかもしれません。

 

名刺に仕事以外のことも記入しておく。話が弾むきっかけになります。

一例ですが・・・、出身地・出身校・誕生日(実は、私はキムタクと誕生日が同じです!!)・趣味・免許・特技・経歴・好きな歌手・好きなスター・・・なんでもOK。

 

私の場合、「NHKのど自慢に出場しました」「転職10回、鬱病で自殺願望の経験があります」と書けば、皆さん驚きます。つまり、私に興味を持つことになります。

 

 もう一つ、名刺には似顔絵や顔写真を入れておきましょう。できれば写真より似顔絵のほうが良いのですが、自分で似顔絵を描けない方はネット上で似顔絵サービスを利用する方法もあります。

顔写真を利用するにしても、似顔絵を使うにしても共通するのは自分の最高の笑顔を使うことです。「むすっ」とした顔はいけません。

 絶対!!「笑顔が一番」

PermalinkComments(0)TrackBack(0)

耳を傾ける

 私は一度脱サラに失敗しています。その当時の事を思い返すと、自分の事ながら、情けないくらい他人の意見を聞きませんでした。

 

当時、妻から「脱サラは中止しなさい」と懇願されました。今は超有名な占い師のK師からも、「もう暫くはサラリーマンを続けた方が良いですよ」とアドバイスされていました。

余談ながらK師は当時サラリーマンでしたが、まさかテレビに出演したり、本を出版するとは思いませんでした。

 

今思い返すと、バブル崩壊前で営業成績は順調でした。ただ、当時の社長とは営業方針が対立していて、「自分が社長だったらもっと成功する」と思い上がっていたのです。

 

実際に脱サラしてみると、女子社員に任せようと思った部門が機能せず、私が営業で稼いで回る時間は激減して売り上げは上がらず、ものの見事に崩壊しました。

今振り返ってみると、準備らしい準備をせずに無計画に船出した訳ですから、失敗して当然でした。ものの見事に失敗しました。

 

そんな経験をした私が、現在様々な企業の社長や幹部と面談させていただいております。

その中で感じることは、業績の悪い企業の社長や幹部ほど、「昔の私と同じである」と気がつきました。

 

業績の良い会社のトップや幹部は、総じて学歴・経歴・年齢・性別に関係なく相手の意見に耳を傾けます。

様々な人との出会いの中から参考になる意見を汲み取り、自社の成長の糧にされておられます。

 

それに引き換え業績の悪い会社ほど己の殻に閉じこもり、業績不振を「世の中が悪い」「社員の出来が悪い」「ライバルが強すぎる」「立地条件が悪い」と業績不振を他人のせいにしています。

ずばり、脱サラで失敗した当時の私にそっくりです。

 

最近も色々な本やメルマガを読んだりしているのですが、年商10億円、社員数50名程度の企業なら、「会社の運命は100%社長で決まる」のは本当のことだと思っています。

 お付き合いしている企業や訪問させていただいた企業の業績をみて、つくづくその思いが強くなりました。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

クレーム処理

通信機器・OA機器にトラブルはつきものです。

でも、即座に処置することでお客様から信頼をいただけます。

 昨日は、今まで経験した事が無いトラブルでした。その為、原因を特定するまでにNTT側に確認したり、メーカー側にアドバイスをもらったりする事になり、お客様にご心配をおかけいたしました。

 結果的には不良品を撤去し代替機器に入れ替えて、不良品をメーカーサービスに回す事でとりあえず完了です。

 お客様に調査結果と対策、修理完了予定日を説明して、夜8時頃退出しました。

 トラブルが発生したら・・・

,客様のご利用状況確認を、詳しくお聞きする。

△客様のご要望を丁寧に聞きだす。

お客様の激高に対して、決して反論しない。

ぢ弍策と、対策の完了予定日を明示する。

ゼ分ひとりで抱え込まないで、周りに相談する。

 お客様にキチンと対応すれば、クレームが発生しても安心していただけますし、信頼感を増していただけます。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

当社の強さ・弱さ

(1)当社の強さ

,客様の要望を徹底的に聞き取る

 電話交換機、ドキュメント機器(FAX・コピー・プリンターなど)、ネットワーク等、取り扱う商品については徹底的に勉強します。

 お客様の要望に、ご提案したプランがぴったり合うかどうか、足りないところは無いかどうか、高額商品であろうと、家庭用商品であろうとお客様の立場で考えて、すり合わせをして行きます。

PBXのソフトウエアは自分で設計運用できる

 電話機メーカーのテストを受けて免許を持っている、営業マンでは数少ない人間です。納入後もきめ細かい手直しをサービスマンを呼び寄せないで実行しています。

9事力が群を抜いています

 屋内電話工事、LAN工事、電柱新設からケーブル敷設まで一環した工事力を持っています。

に富な納入事例

 大手企業から官公庁系、パパママストアまで幅広い事業所とお取引をさせていただいております。業種、業界別、事業所規模別の事業所の悩みに精通しています。

(2)当社の弱さ

 ̄鶻崔呂脇蔚搬昭劼帽事依頼します

 当社のお客様で最北は栃木県、最南は鹿児島県です。おかげ様で特別なトラブルは発生しておりません。

必要以上の提案をする

 ご購入いただけるかどうか別として、当社のお得意分野の電話応対業務改善プランをお勧めします。基本は3案をご提案します。ベストプラン、ベタープラン、標準(エコノミー)プランの3案です。時として、ベストプランをお勧めした時の印象が大きすぎて、他社の価格の安いプランに負けてしまうことがあります。しまったと思いますが、後の祭り。

ちょっとした手直しは費用請求をしない

 大手企業なら絶対費用請求するような、データ変更や修理費を請求しないことが結構あります。お客様から、「請求してください。」とお申し出いただくこともありますが、サービス内容と所要時間を説明して、「この程度ならいただきません。末永くご愛顧ください。」と挨拶して帰ります。当社と長いおつきあいをしていただいている事業所が、比較的多いのがわが社の自慢でもあります。

 当座の売り上げや利益を考えると、小額でもご請求すべきだと思う時もありますが、お客様の得して喜ばれる顔を見ると、これでいいのだと納得しています。

 



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

お付き合いを遠慮したい事業所

お付き合いを遠慮したい事業所
 訪問させていただいて、ちょっと今後お付き合いしない方がいいかな〜と思われる事業所様の、共通項を述べたいと思います。
 下記の10項目が、全て当てはまるとは限りませんが、経験上おかしいと感じた会社は、数年後に倒産したり、業績が低下している事がが多いので、私のカンは当たると思っています。
 飛び込み訪問を含め、様々な事業所を訪問して窓口の女性、担当者、経営者とお会いしますので、やはり動物的カンが働いて7秒で儲かっている会社か、今後成長する企業かを判断しています。
 
仝軸悗すっきりしていない。
  靴がバラバラに並んだり、チリが落ちていても放置してある。
∋務所内に清潔感がない。
トイレが汚い。
ぜ勸の言葉に活気が無い。
セ務所内で、社員の歩くスピードが遅い。
Σ餤弔多い。しかも、自由な発言が無く、会議の結論が出ない。
Ъ卍梗爾覆匹法¬魄がこもっていることが多い
担当者に面会を申し込んでも、誰が担当かわからない。
書庫、倉庫が雑然としている。
電話の発着信が少ない。静まり返っている。


PermalinkComments(0)TrackBack(0)