セミナー・勉強会

福岡経営革新塾

昨日2月24日は、JR吉塚駅前の福岡県中小企業振興センター主催の、経営革新塾に参加しました。1月は佐賀で、4日間コースの経営革新塾に参加しています。

メイン講師は過激派コンサルタントの栢野克己氏。昨年は私が主催した佐賀市でのセミナーにも出張していただき、大好評でした。

このところ栢野氏は東北地方や北陸地方の講演で多忙でしたから、久しぶりに地元での講演となりました。私も久しぶりにお会いしましたので、開催時間前にご挨拶をしました。

福岡経営革新1

 

 

 

 

約100名の受講生の中に、当社の大切なお客様で福岡県広川町の奥八女茶「茶の葉堂 原野製茶本舗」原野社長がおられてご挨拶。(原野社長はランチェスター経営戦略を実践しておられます)

福岡経営革新2

 

 

 

 

さて、栢野氏のセミナーの方は序盤はジャブでスタート。後半はいつものように(?)ハイテンションで、事例を交えて「夢×戦×感」にまとめられました。

セミナー開始早々、栢野氏から原野社長に引き続き私まで会場の皆様にご紹介いただきました。栢野氏が、「私と同じく鬱病経験、自殺願望経験者です」とご紹介されましたので、後ほど名刺交換した方から、「とても鬱病だったとは思えません」と声をかけていただきました。

事例で姫路のパソコン教室を説明されましたが、シルバー層を対象としたお客様は約1000名。退会者は天国に召されての、止むを得ずの退会であり、退会率2%だそうですからすごい数字です。(一般的な既存客の脱落率は20%程度)客層を絞り、地域を絞り込み、「地域No.1戦略」のランチェスター経営を実践しておられます。わかりやすい事例でした。

栢野氏は「ランチェスター経営」竹田陽一先生の門下生ですから、事例を竹田ビジネスモデル理論に当てはめて、理論武装がしっかりできていました。さすがです・・・。

福岡経営革新3

 

 

 

 

私は、セミナー終了後の懇親会に参加するのが大好きです。講師から会場では聞けなかった話題が聞けるし、受講生の皆様とも有益な話が聞けます。特に栢野氏のセミナー参加者は意識レベルが高い方が多いので、今回も「マル秘」話をたくさん聞くことができました。

その懇親会の会場は、JR吉塚駅前に喫茶店やファミレスが無かったため、何と「餃子の王将」。栢野さんも、「(懇親会の会場が)こんなのは初めての経験」と驚いていました。

懇親会参加者は、栢野氏と私の他に・・・

●「コーヒーとサンドイッチの法則」を出版された 竹内正浩氏

http://www.takeuchimasahiro.com/

●たたみくらぶ 株式会社井口タタミフスマ店 井口謙氏(けんじ)氏

http://www.tatamiclub.co.jp/

●インクジェット用ロール紙の専門メーカー 

ヤシマ産業株式会社 出村知行氏

http://www.seizuyoushiya.com/

●紅一点 アフラック保険代理店 藤永朋子さん

佐賀県鹿島市出身なので、サガンモン同士盛り上がりました。渡米経験のあるファイターで、私のホームページをご覧いただいていました。(感謝!!現在ホームページはリニューアル予定です)

http://www.denwaya.biz/

最近気が付いたのですが、初対面の方から「ホームページを見ました」「ブログを見ました」「メルマガを読んでいます」と言っていただけます。大変ありがたいことです。恐らく栢野さんのブログやホームページで紹介されたことがあるので、ワンクリックでジャンプしてこられたのではないかと思っています。

そう言えば、竹内正浩氏は当社のPR用DVDをご覧いただいたようで、「よく出来ていて驚きました」と感想をいただきました。

DVDは、当社のおすすめ商品「電話応対自動化装置」をご利用いただいているお客様に私が訪問し、ご愛用者と対談して感想をお聞きするスタイルです。原野製茶様の他に、4社様が登場されます。

「お客様の声」をパソコン文字で書いてもお客様に信用していただけません。生の声を集めようと思って、ビデオカメラ片手にお客様の事務所を突撃訪問取材しました。おかげさまで好評です。

ご希望の方にはDVDを無料でプレゼントします。メールに「DVD希望」と書いてください。

メールアドレスは info●denwaya.biz  (●を@に変えてください)



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

運命(2)

田中先生リー先生

 

 

 

 今月は毎週土曜日に、佐賀の経営革新塾に参加しています。テーマは「代を翔ける“経営戦略実践塾」で、4回プログラムの3回目となりました。

 

24日の午前中は、リー・ヤマネ・清美先生の座学。テーマは「“時流×自流”の事業計画」ですが、「世の中の動きを大局で捉えて自社の経営に取り入れることが必要ですよ」と教えていただきました。

 

 私の場合は、ついつい目先のことかせいぜい1年先位まで考える傾向があり、今回のリー先生の講義では、「物事の捉え方を長期的視野で見ること、特に個人のライフスタイルの変化に自社の考え方が合っているかどうかを考える必要がある」ことを教えていただきました。目から鱗が落ちました。

 

午後は田中義郎先生の出題で、4〜5人でのチームディスカッションが設定してありました。設問の意味が奥深くて、表面的な回答を提出すると田中先生から突っ込まれてしまい、発表の場で立ち往生してしまいます。

 

出題された課題に対してメンバーで意見を出し合うのですが、まとめた結果を各チームで発表すると、いい意味で各チームの個性が発揮されます。

参加者の人生経験と知識によって、物事の捉え方が変わる事になり、経験値と知識の必要性を感じました。

 

 前回も書きましたが、自分の心が素直な気持ちであること、講師の講義内容について行けるだけの能力がないと、受講してもなかなか自分の中に取り込めません。

 

 今回は何故だか、「なるほど」と納得できることばかりで、本当に受講して良かったと思っています。

 



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

経営革新塾に参加

 新年早々の1月10日、世間では3連休で遊んでいる人もいたでしょうが、私は経営革新塾に参加しました。1月中に4回、24時間コースの勉強会です。

実は経営革新塾参加は3回目ですが、 講師は3回各々異なります。違う講師がトレーニングしてくれますから、当然ながら切り口が異なるので面白い。

今回は大阪と京都出身のお二人なので、関西弁交じりの面白い講義が始まりました。残り3回を楽しみにしています。

 

 私は脱サラ1回目に計画の甘さから大失敗していますから、脱サラする時に創業塾や経営革新塾があの時あったら良かったのに・・・と、随分後悔しました。

 経営革新塾に参加するのは、ずばり自分自身の計画を見つめ直すため。わが社の5ケ年計画を検討しようとしていた時期だったので、丁度良いタイミングで経営革新塾に参加することができました。

 

 今回の受講生は約20名ですが、もちろん業種業態はばらばらで事業規模も違っています。でも、悩みは同じ。どうしたら永続的な安定成長の事業所にできるか・・・です。

 

今回一番驚いたのは、何と・・・このメルマガ「感動事業」の読者が参加しておられたこと。

 

まぐまぐ「感動事業」

 

http://archive.mag2.com/0000205925/index.html

 

名刺交換の時、受講生仲間のYさんから「メルマガ『感動事業』を読んでいます」と言われた時には、「まさか?」と思って半信半疑でしたが、携帯電話に登録して購読しておられるとわかり、疑惑は解消。ただただ感謝するのみでした。

しかもYさんは鬱病で悩んでおられることを知り、ますます身近に感じました。

 

私は鬱病を克服しましたが、鬱病の辛さは妻も含めて第3者にはわかってもらえませんでした。だからこそ、Yさんの辛さが良くわかります。

Yさんは現在も専門医にかかり、薬を飲んでおられます。鬱病は薬を飲めばすぐ治るものでもありませんし、「元気を出して」と言われて「ハイ、頑張ります」とも言えません。

 

例えば、「この程度の怪我なら約1週間で治る」と予測できるのですが、鬱病の場合は、病気とゆっくりじっくり付き合いながら治療するので、完治する時期が予測できないのです。

勉強会の後の懇親会では、通常は講師や受講生同士で仕事の悩みを打ち明けたりするものですが、今回はYさんとはじっくり「鬱病談義」をしました。

 Yさん、ゆっくり治しましょうね。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

九州ベンチャー大学に参加

11月8日に開催された、「九州ベンチャー大学」に参加しました。

主催はランチェスター経営の「小さな会社★儲けのルール」「弱者の戦略」「大逆転!バカ社長」の本が絶好調で、中小零細企業の良き相談相手の栢野克己氏。最近はセミナー講師として多忙ですが、東南アジアにも関心を持っておられます。今年7月26日には、佐賀市で私と合同セミナーを開催させていただいた恩人です。

http://q-venture.com/index.php

 

 栢野氏と 

私はこのところ忙しくて、参加したいテーマがあっても無念の不参加が続いていましたから、当日の朝に飛び込みで栢野氏に参加申し込みをして、久しぶりの参加でした。

今回のテーマは「ネットで大逆転!!」でした。私は、現時点ではネット通販は実施していないのですが、何か商売のヒントがあるだろうと思っての参加でした。

 

 

 

1番目の講師は、防音専門店「ぴあリビング」の「室水房子」さん。2年ほど前に佐賀商工会の勉強会でお会いして以来、2回目の出会いです。

佐賀でお聞きしていた内容ではあったのですが、借金を抱えて苦労した頃のくだりでは室水さんが涙を流しながら話すし、とんでもない秘話を爆弾発言して場内騒然となるし・・・、ネットでの成功の影に大変な苦労があったことを改めて感じました。

 騒音で悩むお客様をターゲットに、良き相談相手をしているうちにオリジナルの商品開発が進み、売り上げも伸びた・・・。ご主人の仕事の延長とは言え、隙間商品はライバルも少ない。素晴らしい!!

http://www.pialiving.com/

 

室水さん

 

 

 

 

 

 

 

 

2番目の講師は、手作りハム・ソーセージの「北海道トンデンファーム」の通信販売と、ネットショップ運営者の育成塾「トンゼミ」を運営する「中谷昌弘」氏。

 ホームぺージの実例を示して、ニーズ、ウォンツ、USP、差別化などの戦略戦術を勉強しました。具体例が多かったので理解しやすかったと思います。

http://www.tonden.com/gold/guide/kouen.html

 

中谷さん

 

 

 

 

 

 

 

 

3番目の講師は、日本最大級のネットショップ勉強会「オンラインショップマスターズ・クラブ(OSMC)」代表で、消費者視点ポータルサイトの「逸品COMを運営する「森本繁生」氏。

 自分の心の器を大きく持つ。デジカメを常備してこまめに取材する。成功者と会う。情報を発信するなど、実例ホームページでの紹介は参考になりました。

http://www.osmc.ne.jp/

 

森本さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと栢野氏のリードで、今回の受講者3名が飛び入りで「ネット販売成功の秘訣」をご紹介いただきました。

大手より格安な「かつら」を販売中の「ウィズ:宮崎弥生」さんが、高品質なインドネシア工場を探り当てた経過や、中国での人毛売買現場を訪問した体験を報告されました。

 ホームページに自社商品やサービスについて、「こだわり」を明文化して掲載することを薦められました。

http://www.katurawith.com/

 

宮崎さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 刺繍入り帽子をネットで販売する「ボウシ・コム:松田直和」氏は、ネット販売を始めたきっかけや、意外な商品が売れていることをご披露されました。

http://www.bousi.com/

 

マツダさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、「生松工芸:石山隆通」氏。大川市では、先日も老舗家具の大型倒産で約90名の失業者が発生しています。そんな地区で頑張っている石山氏は、「楽天」と自社独自ホームページの違い、品質へのこだわりをご披露いただきました。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/bridge-online/

http://store.shopping.yahoo.co.jp/bridge-online/info.html

 

石山さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に栢野氏が、ランチェスター経営と「夢・戦・感」でまとめました。

 

栢野さん

勢ぞろい 

 

 

 

 

 

 

 

九州ベンチャー大学のみならず、セミナーのお楽しみは懇親会。講師や受講者と腹を割って意見交換することができるので、思わぬご意見やヒントを頂戴できます。

 今回同じテーブルに着いた人々は、栢野氏と森本講師、ボウシ・コムの松田直和氏、ウィズの宮崎弥生さん。

 

中古レコードTICRO MARKET代表の福田剛氏。

http://www.ticro.com/

 

宮田織物の吉開ひとみさん。

http://www.e-miyata.com/

 

 もう一つのテーブル席も、大いに盛り上がりました。

 

飲み会201108



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

簡単に似顔絵を描こう

私のように営業マンで名刺を交換する機会の多い仕事をしていると、実に多くの方と名刺を交換します。私の場合は、面談の後いただいた名刺にはお会いした日付や商談内容、相手の方の何らかの身体的特徴も記入します。

そして、いただいた名刺を詳しく拝見すると、様々な名刺の種類があるのに気がつきます。

 

ビジネスに必要な名刺は会社支給品が多いと思いますが、主に会社名・役職名・名前・住所・電話番号・FAX番号が書かれています。

少し気の利いた会社では、メールアドレスやホームページアドレスが表記してあります。

さらに気の利いた会社では、顔写真が名刺に掲載されています。

 

ところで、文字だけの名刺より顔写真付、さらに似顔絵付の名刺のほうが印象に残ります。

特に、顔や全身のイラストがご本人の特徴をうまく表現していると、名刺をいただいた瞬間に思わず相手の顔を見て、似顔絵と名刺を繰り返し交互に見てしまいます。勿論!商談も弾みます。

 

皆さん、是非似顔絵を名刺に使いましょう。仕事がうまく進行します。

 

私は自分でイラストや絵を描くし、レタリングもこなします。一般の方

より絵の才能はある方なのですが、自分の似顔絵を何枚も描いてみたのですが、どうしてもフジテレビの朝の番組、「めざましテレビ」の「大塚範一キャスター」に似てしまいました。

 

 似顔絵を描く方にはご理解できるのですが、顔に大きな特徴があったり、眼鏡をかけている方、ホクロのある方は描きやすいのですが、瓜実顔で美男子・美人系の顔はとても似顔絵が書きにくいのです。

 私の顔は特徴が少ないので非常に書きにくく、ある方法で似顔絵を描きましたが、大変皆様からの評判がよろしいので、私が使った似顔絵の簡単な作り方をお伝えしましょう。

 

(1)   デジカメでお得意の顔を撮影する。

口角が上がった笑顔の顔を、正面や斜め横から撮影します。

(2)   お気に入りの1枚を選びます。

(3)   プリンターでA4サイズの用紙に、顔を拡大して印刷します。

大きく印刷することで、描き込みが簡単になります。

(4)   窓ガラスに拡大した顔写真をセロテープで貼り付けます。

(5)   さらに、A4サイズの白紙を重ねて窓ガラスに貼り付けます。

A4用紙が2枚重なった状態になります。

外が明るく室内が暗めの方が書きやすいようです。

(6)   鉛筆で自分の顔の輪郭を書き込み、目や鼻、口も書き込みます。

これは丁度トレース状態(重ね画き)となります。

(7)   顔の特徴は少し強調して書き込みます。

特に、目と口は少し強調して書き込みます。

(8)   顔を強調するときは、胴体や下半身は思い切ってデフォルメします。

(9)   中太の筆ペンで、輪郭など大きな線を書き込みます。

(10)髪は中太筆ペンや面相筆などの細い筆記具を使い、

髪の流れに沿って書き込みます。髪をうまく表現することです。

(11)目尻や額の皺、法令線は細い筆ペンやボールペンで

    書き込みます。

(12)消しゴムで、下書きした鉛筆の線を消去します。

(13)筆ペンで書き忘れた線を書き足します。

(14)汚れや無駄な線は、修正液で消去します。

(15)これで原画が完成しました。色付け段階で失敗しても

    良いように、プリンタなどでモノクロのコピーを作ります。

(16)水彩絵の具、ポスターカラー、パステル、コビックなど、

お好みの絵の具を使って彩色します。

 これで作風が変わります。

    この時、顔の筋肉の線に沿って筆を運ぶと、

    顔の凹凸感を表現することができます。

(17)スキャナーで似顔絵を読み込んで、名刺に貼り付けます。

 

お勧めの無料名刺作成ソフト「ラベル屋さんHOME」・・・

http://www.labelyasan.com/apl/

 

似顔絵



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

佐賀セミナー記録写真

(1)小さな会社★儲けのルール「最新版」熱弁中の栢野克己氏

□九州ベンチャー大学 http://www.q-venture.com/

□栢野克己氏ブログ http://blog.livedoor.jp/kaya0169/archives/l

栢野克己

 

 

 

 

(2)サプライズゲスト 竹中勇氏

□竹中勇氏ブログ http://takenaka.area9.jp/

竹中勇

 

 

 

 

(3)小さな会社★実践術 内野博行

□当社ホームページ http://www.denwaya.biz/

内野博行

 

 

 

 

(4)参加者の皆様の自己紹介コーナー

自己紹介



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

佐賀セミナーにお礼葉書をいただきました

7月26日に開催したセミナーに、お礼の葉書をいただきました。

参加の皆様、ありがとうございます。

佐賀TT様

【佐賀】商工会指導員

    T・T様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本SK様

 

【熊本】環境整備会社

    S・K様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音丸一哉a

 

【福岡】行政書士

    O・K様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

佐賀セミナー(2)

 7月26日()佐賀市でセミナーを開催しましたが、当初のセミナー会場のレンタル時間を1時間延長しても、ぎりぎりまで白熱したセミナーだったため、アンケート用紙の回収がうまく行きませんでした。

その後、参加者の皆様からFAXや葉書で感想をいただきました。参加者

の皆様、改めてお礼を申し上げます。「ありがとうございました」

 いずれホームページに原文を掲載する予定ですが、この約1ヶ月間は公私共にめまぐるしい期間だったため、いまだに心が落ち着きません。

 

 7月25日大親友の遺体とお別れ、7月26日セミナー開催、7月27日はカラオケ大会のボランティア司会、7月31日久留米の父ちゃんの葬儀で弔辞を述べ、福岡でホームページの打ち合わせと栢野氏と反省会。

8月2日は有田町でNHKのど自慢出場者の同窓会に参加。本当に慌しい

日々でした。

 

 まさか小学校以来からの大親友を胃がんで亡くすとは、予想していませんでした。まさか、実の父のように私を可愛がってくれた「久留米の父ちゃん」が、肺がんで亡くなるとは思えませんでした。

 立て続けに二人の大事な人を失い、一時は「長年の夢の、セミナーが開催できたのと引き換えに、私の大事な人を二人も奪うのですか?神様あんまりです・・・」と運命を恨みたくなりました。

 妻は、「それは考えすすぎよ。あなたが成功することが、亡くなった二人にとっても嬉しいことだから、あなたにもっと頑張って・・・と天国で言ってるよ」と、慰めてくれました。

 

ところで、参加者の皆様からのアンケートの結果は概ね好評で、「次回開催のご要望」や、「もっと詳しく掘り下げて聞きたかった」、「DVD付で5千円は安かった」などとのご意見をいただきました。

 先週メインコンサルタントを引き受けていただいた栢野氏の事務所を訪問し、二人で反省会をしました。サプライズゲストだったタケナカコーポレーションの竹中勇氏とも近日お会いする予定です。お二人のお力添えで無事セミナーが終了したことを嬉しく思っています。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

小さな会社★実践術 7月26日佐賀で開催

 7月26日()佐賀市でセミナーを開催しますが、第1部のテーマは「小さな会社★実践術」としました。

 第2部は福岡のランチェスター経営の伝道者、栢野克己(かやのかつみ)氏に「小さな会社★儲けのルール」最新版をしっかり伝えていただきます。

 

■小さな会社★実践術セミナーのホームページ

http://www.denwaya.biz/semina-index.html/

 

仕事柄、様々な業種・業態の方と出会うのですが、集客ができない、販売不振、社員が定着しない・・・など、悩める経営者や幹部社員が多いのです。

 では、「お礼の葉書や手紙を出していますか」「ニュースレターを出していますか」「ホームページやブログを出していますか」と質問すると、殆どの方が、実行しておられません。

 さらに詳しく聞くと、「葉書や手紙を出せば良いとは、噂で聞いたことがある」「つい忙しくて葉書を出していない」と回答される方が多いのです。

つまり、知っているけど実行していな人の割合が非常に高いのです。

 余計なお世話ですが「5年後、10年後に勝ち残るためには、当たり前のことをコツコツ続けることが大切です」とお伝えするのですが、殆どの方がもとのまま。

どうも人間は変化を嫌うようです。「昨日まで何とかやってきたから、明日も大丈夫だろう」と思い込んでいるようです。そう思って漫然と過ごした会社、お店がどれだけ潰れてきたことか。

「時代の変化に合わせて、自分自身が変化しないと明日がない」と私が言い続けても、一般の方は変化が怖いのか行動を起こしません。

あなたの会社・お店はどうですか?



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

栢野克己氏と九州ベンチャー大学佐賀教室開催

85f2dc5f.gif

 九州ベンチャー大学主催栢野克己氏のご協力で、7月26日(土)

佐賀市でジョイントセミナーを開催することが決定しました。

 その前に、栢野克己氏の東京セミナーの先行ご案内です。

案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第167回「東京ベンチャー大学」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■7/4(金)東京「栢野克己の小さな会社儲けのルール」最新事例

●18時〜21時「起業・小企業の成功事例を山ほど話します+質疑応答」

●参加者の人脈もスゴイ財産になります。

■7/5(土)東京「竹田陽一コンサル士業成功戦略◆廝兄間!

10時〜参加者自己紹介・栢野の報告(自+他事例)・12時半〜近所で昼食

13時〜竹田陽一ノウハウ全公開+全員で何でも質問

+各自の課題に全員でコンサル

17時・終了 希望者は近所の居酒屋で個別接近戦情報交換

先行予約は→ http://www.q-venture.com/main/join.html/

 

またはメールで→ kaya@hf.rim.or.jp  FAX092−781−5354

***************************************************************

 

 5月17日に栢野克己氏の九州ベンチャー大学に参加して以来、私の運命

が変化し始めました。

 栢野さんのブログで後輩のセミナーにご協力いただける事を知り、妻と相談

して思い切ってご相談したところ、ジョイントセミナー開催に快諾をいただきま

した。

 数年前から「自分でセミナーが出来たらいいな」とは思っていたのですが、

実現することが出来て感慨もひとしおです。

 読者の皆様で、「小さな会社のNo.1戦略 ランチェスターの法則」に興味が

ある方は是非ご参加ください。お待ちしております。

 

1. 開催日時 : 平成20年7月26日(土) 13時〜18

2. 受講料 : 税込み 5,000円 (当日受付でお支払いください)

3. 会 場. : 佐賀市駅前中央1丁目8−32 アイ・スクエアビル

  (佐賀駅から徒歩1分)

          佐賀市民活動プラザ5階 大会議室

4. 連絡先 : 市民活動プラザ 電話(0952)40−2002

5. 定 員 : 45名

6. 準備品 : 筆記道具、ノート

名刺約50枚(名刺交換会あり)

7. 懇親会 : 佐賀駅前で開催予定。

3000円〜4000円程度で実費負担をお願いします。

 

8. 講義予定 

(1)有限会社テレコムOA 内野博行 

13:00〜14:30(1時間30分)

【テーマ】小さな会社の実践術 

     (a)儲ける会社・つぶれる会社 強み(USP)を知る 

(b)5Sを徹底する

(c)クレームは宝箱


(d)お客様との接触回数を増やす

●名刺(誰にでもできる似顔絵の書き方)●アンケート用紙

●はがき(80円はがき) ●手紙(封筒)

●105円で1年間名前を覚えてもらう方法

●無料メルマガ ●無料ステップメール

●断られにくい電話アポイントの手順 

●無料顧客管理ソフト紹介(EcelができればOK!!

●ホームページ ●ブログ 

●栢野さん伝授:お金をかけない60秒CMの作り方・・・など 

(2)株式会社インタークロス 栢野克己氏

 14:30〜18:00 (3時間30分)

【テーマ】九州ベンチャー大学 「小さな会社☆儲けのルール」

   豊富な人脈、成功事例をもとに実戦100連発!!

 

■九州ベンチャー大学 http://www.q-venture.com/

 

■栢野克己氏ブログ  http://blog.livedoor.jp/kaya0169/

 

日本一の自然食品通販「やずや」矢頭社長日本一の明太子「ふ

くや」川原会長・社長ホワイトデー創案者「石村萬盛堂・ボンサンク」

石村社長冷凍たこ焼きの元祖「八ちゃん堂」川邊社長九州一の

宅配鮨チェーン「ふく鮨本舗の三太郎」ドゥイットナウ・蔀社長元HI

S取締役「ビッグフィールド」大野社長日本のドラッカー「ランチェス

ター経営」竹田社長日本一の仏壇「はせがわ」長谷川社長業界

一の聖心美容外科創業者「ザ・クリニック」山川院長リフォーム業界

の革命児「ホームテック」小笠原社長中洲NO1「福一不動産」古川

社長ノエビア・川上氏KMA・巻社長ジンザイ・片島所長

舗設計「リードクリエーション」福泉社長福岡大学経済学部・阿比留

教授ラーメン「博多・一風堂」河原社長/他

 

9.お申し込み方法

(1)メール info@denwaya.biz

         懇親会への参加ご希望の場合は

       「懇親会参加希望」とコメントをお付けください。

(2)ホームページからPDFチラシをダウンロードして、FAXでお申し込み

「テレコムOA」で検索→「セミナー」をクリック

PDFA4版チラシをクリック→最下段に記入して→FAX送信

  ■1発アクセスはこちら→ http://www.denwaya.biz/semina-index.html



PermalinkComments(0)TrackBack(0)