ランチェスター経営

福岡経営革新塾

昨日2月24日は、JR吉塚駅前の福岡県中小企業振興センター主催の、経営革新塾に参加しました。1月は佐賀で、4日間コースの経営革新塾に参加しています。

メイン講師は過激派コンサルタントの栢野克己氏。昨年は私が主催した佐賀市でのセミナーにも出張していただき、大好評でした。

このところ栢野氏は東北地方や北陸地方の講演で多忙でしたから、久しぶりに地元での講演となりました。私も久しぶりにお会いしましたので、開催時間前にご挨拶をしました。

福岡経営革新1

 

 

 

 

約100名の受講生の中に、当社の大切なお客様で福岡県広川町の奥八女茶「茶の葉堂 原野製茶本舗」原野社長がおられてご挨拶。(原野社長はランチェスター経営戦略を実践しておられます)

福岡経営革新2

 

 

 

 

さて、栢野氏のセミナーの方は序盤はジャブでスタート。後半はいつものように(?)ハイテンションで、事例を交えて「夢×戦×感」にまとめられました。

セミナー開始早々、栢野氏から原野社長に引き続き私まで会場の皆様にご紹介いただきました。栢野氏が、「私と同じく鬱病経験、自殺願望経験者です」とご紹介されましたので、後ほど名刺交換した方から、「とても鬱病だったとは思えません」と声をかけていただきました。

事例で姫路のパソコン教室を説明されましたが、シルバー層を対象としたお客様は約1000名。退会者は天国に召されての、止むを得ずの退会であり、退会率2%だそうですからすごい数字です。(一般的な既存客の脱落率は20%程度)客層を絞り、地域を絞り込み、「地域No.1戦略」のランチェスター経営を実践しておられます。わかりやすい事例でした。

栢野氏は「ランチェスター経営」竹田陽一先生の門下生ですから、事例を竹田ビジネスモデル理論に当てはめて、理論武装がしっかりできていました。さすがです・・・。

福岡経営革新3

 

 

 

 

私は、セミナー終了後の懇親会に参加するのが大好きです。講師から会場では聞けなかった話題が聞けるし、受講生の皆様とも有益な話が聞けます。特に栢野氏のセミナー参加者は意識レベルが高い方が多いので、今回も「マル秘」話をたくさん聞くことができました。

その懇親会の会場は、JR吉塚駅前に喫茶店やファミレスが無かったため、何と「餃子の王将」。栢野さんも、「(懇親会の会場が)こんなのは初めての経験」と驚いていました。

懇親会参加者は、栢野氏と私の他に・・・

●「コーヒーとサンドイッチの法則」を出版された 竹内正浩氏

http://www.takeuchimasahiro.com/

●たたみくらぶ 株式会社井口タタミフスマ店 井口謙氏(けんじ)氏

http://www.tatamiclub.co.jp/

●インクジェット用ロール紙の専門メーカー 

ヤシマ産業株式会社 出村知行氏

http://www.seizuyoushiya.com/

●紅一点 アフラック保険代理店 藤永朋子さん

佐賀県鹿島市出身なので、サガンモン同士盛り上がりました。渡米経験のあるファイターで、私のホームページをご覧いただいていました。(感謝!!現在ホームページはリニューアル予定です)

http://www.denwaya.biz/

最近気が付いたのですが、初対面の方から「ホームページを見ました」「ブログを見ました」「メルマガを読んでいます」と言っていただけます。大変ありがたいことです。恐らく栢野さんのブログやホームページで紹介されたことがあるので、ワンクリックでジャンプしてこられたのではないかと思っています。

そう言えば、竹内正浩氏は当社のPR用DVDをご覧いただいたようで、「よく出来ていて驚きました」と感想をいただきました。

DVDは、当社のおすすめ商品「電話応対自動化装置」をご利用いただいているお客様に私が訪問し、ご愛用者と対談して感想をお聞きするスタイルです。原野製茶様の他に、4社様が登場されます。

「お客様の声」をパソコン文字で書いてもお客様に信用していただけません。生の声を集めようと思って、ビデオカメラ片手にお客様の事務所を突撃訪問取材しました。おかげさまで好評です。

ご希望の方にはDVDを無料でプレゼントします。メールに「DVD希望」と書いてください。

メールアドレスは info●denwaya.biz  (●を@に変えてください)



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

九州ベンチャー大学に参加

11月8日に開催された、「九州ベンチャー大学」に参加しました。

主催はランチェスター経営の「小さな会社★儲けのルール」「弱者の戦略」「大逆転!バカ社長」の本が絶好調で、中小零細企業の良き相談相手の栢野克己氏。最近はセミナー講師として多忙ですが、東南アジアにも関心を持っておられます。今年7月26日には、佐賀市で私と合同セミナーを開催させていただいた恩人です。

http://q-venture.com/index.php

 

 栢野氏と 

私はこのところ忙しくて、参加したいテーマがあっても無念の不参加が続いていましたから、当日の朝に飛び込みで栢野氏に参加申し込みをして、久しぶりの参加でした。

今回のテーマは「ネットで大逆転!!」でした。私は、現時点ではネット通販は実施していないのですが、何か商売のヒントがあるだろうと思っての参加でした。

 

 

 

1番目の講師は、防音専門店「ぴあリビング」の「室水房子」さん。2年ほど前に佐賀商工会の勉強会でお会いして以来、2回目の出会いです。

佐賀でお聞きしていた内容ではあったのですが、借金を抱えて苦労した頃のくだりでは室水さんが涙を流しながら話すし、とんでもない秘話を爆弾発言して場内騒然となるし・・・、ネットでの成功の影に大変な苦労があったことを改めて感じました。

 騒音で悩むお客様をターゲットに、良き相談相手をしているうちにオリジナルの商品開発が進み、売り上げも伸びた・・・。ご主人の仕事の延長とは言え、隙間商品はライバルも少ない。素晴らしい!!

http://www.pialiving.com/

 

室水さん

 

 

 

 

 

 

 

 

2番目の講師は、手作りハム・ソーセージの「北海道トンデンファーム」の通信販売と、ネットショップ運営者の育成塾「トンゼミ」を運営する「中谷昌弘」氏。

 ホームぺージの実例を示して、ニーズ、ウォンツ、USP、差別化などの戦略戦術を勉強しました。具体例が多かったので理解しやすかったと思います。

http://www.tonden.com/gold/guide/kouen.html

 

中谷さん

 

 

 

 

 

 

 

 

3番目の講師は、日本最大級のネットショップ勉強会「オンラインショップマスターズ・クラブ(OSMC)」代表で、消費者視点ポータルサイトの「逸品COMを運営する「森本繁生」氏。

 自分の心の器を大きく持つ。デジカメを常備してこまめに取材する。成功者と会う。情報を発信するなど、実例ホームページでの紹介は参考になりました。

http://www.osmc.ne.jp/

 

森本さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと栢野氏のリードで、今回の受講者3名が飛び入りで「ネット販売成功の秘訣」をご紹介いただきました。

大手より格安な「かつら」を販売中の「ウィズ:宮崎弥生」さんが、高品質なインドネシア工場を探り当てた経過や、中国での人毛売買現場を訪問した体験を報告されました。

 ホームページに自社商品やサービスについて、「こだわり」を明文化して掲載することを薦められました。

http://www.katurawith.com/

 

宮崎さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 刺繍入り帽子をネットで販売する「ボウシ・コム:松田直和」氏は、ネット販売を始めたきっかけや、意外な商品が売れていることをご披露されました。

http://www.bousi.com/

 

マツダさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、「生松工芸:石山隆通」氏。大川市では、先日も老舗家具の大型倒産で約90名の失業者が発生しています。そんな地区で頑張っている石山氏は、「楽天」と自社独自ホームページの違い、品質へのこだわりをご披露いただきました。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/bridge-online/

http://store.shopping.yahoo.co.jp/bridge-online/info.html

 

石山さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に栢野氏が、ランチェスター経営と「夢・戦・感」でまとめました。

 

栢野さん

勢ぞろい 

 

 

 

 

 

 

 

九州ベンチャー大学のみならず、セミナーのお楽しみは懇親会。講師や受講者と腹を割って意見交換することができるので、思わぬご意見やヒントを頂戴できます。

 今回同じテーブルに着いた人々は、栢野氏と森本講師、ボウシ・コムの松田直和氏、ウィズの宮崎弥生さん。

 

中古レコードTICRO MARKET代表の福田剛氏。

http://www.ticro.com/

 

宮田織物の吉開ひとみさん。

http://www.e-miyata.com/

 

 もう一つのテーブル席も、大いに盛り上がりました。

 

飲み会201108



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

子供は未来の見込み客

福岡県八女郡広川町の八女茶製造販売会社「原野製茶本舗」原野社長は大切なお客様のひとりですが、お互いに「ランチェスター経営」を勉強している仲でもあり、仕事のお付き合い以上に、商売繁盛の意見交換をする大切な仲間でもあります。

今回は、「子供は未来の見込み客」であることについて考えてみたいと思います。

 

原野製茶様では秋の「大感謝祭」と、春の「新茶祭」の2大イベントを開催されております。

今回も直販店舗の「茶の葉堂」様では、10月24日から26日までの3日間「大感謝祭」を開催されました。

山口・長崎・熊本など、高速道路を片道2時間かけて来店されたお客様もおいでになりました。

大人のお客様に混じって、子供さんが多かったのも特色でしょうか。

 

大人のお客様にとっては、魅力ある特別な商品が魅力です。

お店に来ることができない全国の通信販売のお客様にも、期間中は特別なサービスが提供されています。

また、イベント参加者の意見や感想は、「お客様の声」の投稿ハガキが「ニュースレター」に掲載され、約1ヵ月後には全国のお客様に届けられます。

 

イベントに参加した子供達にとっては、「手作り凧」や「昔懐かしいゲーム」も魅力ですが、最大の人気は「餅つき」です。

杵つきを待つ子供達は、笑顔で整列して順番を待ちます。

付き添いの親御さんや祖父母たちも、笑顔で携帯カメラのシャッターを押していました。

最後は仲良く「抹茶入りお餅」を食べていました。

 

私は楽しいことが大好きです。皆様もきっと同じだと思います。

親も、子供達も茶の葉堂のイベントは心に残ります。 

集客を考えたとき、一般的に新規客一人当たりの集客コストは既存客の5倍かかると言われています。

今回のイベントに参加した子供達は、確実に将来の見込み客です。

 

茶の葉堂のスタッフにとっては、イベント準備は大きな負担です。

でも遠来のお客様との絆が深まり、お客様の笑顔が直接は意見できることは、スタッフにとっても大きな喜びだと思います。

 

お客様を楽しませる。

スタッフも仕事に生きがいを感じる。

将来の見込み客をじっくりと育てる。

商売繁盛の秘訣を垣間見た気がします。

 

茶の葉堂ゲーム茶の葉堂並ぶ

茶の葉堂餅1

 

 

 

 

 

 

茶の葉堂4

茶の葉堂餅3茶の葉堂餅5



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

起業検定

「逆転バカ社長」、「小さな会社☆儲けのルール」(本は右列にて紹介中)の著者、経営コンサルタント栢野克己氏のブログで、面白いクイズを掲示していましたので早速挑戦。

10問中9問正解で、全国130人中5位だそうです。残念!!まだまだ修行が足らん!!

コメントをいただきました・・・、肝に銘じて精進します。

「勉強はもう不要。実行アルのみ。が、初心忘るべからずなので、情報収集と出逢いによる学びは定期的に行いましょう!」・・・納得。

挑戦するならこちら・・・

http://kentei.cc/k/10387



PermalinkComments(0)TrackBack(0)