経営革新塾

運命(2)

田中先生リー先生

 

 

 

 今月は毎週土曜日に、佐賀の経営革新塾に参加しています。テーマは「代を翔ける“経営戦略実践塾」で、4回プログラムの3回目となりました。

 

24日の午前中は、リー・ヤマネ・清美先生の座学。テーマは「“時流×自流”の事業計画」ですが、「世の中の動きを大局で捉えて自社の経営に取り入れることが必要ですよ」と教えていただきました。

 

 私の場合は、ついつい目先のことかせいぜい1年先位まで考える傾向があり、今回のリー先生の講義では、「物事の捉え方を長期的視野で見ること、特に個人のライフスタイルの変化に自社の考え方が合っているかどうかを考える必要がある」ことを教えていただきました。目から鱗が落ちました。

 

午後は田中義郎先生の出題で、4〜5人でのチームディスカッションが設定してありました。設問の意味が奥深くて、表面的な回答を提出すると田中先生から突っ込まれてしまい、発表の場で立ち往生してしまいます。

 

出題された課題に対してメンバーで意見を出し合うのですが、まとめた結果を各チームで発表すると、いい意味で各チームの個性が発揮されます。

参加者の人生経験と知識によって、物事の捉え方が変わる事になり、経験値と知識の必要性を感じました。

 

 前回も書きましたが、自分の心が素直な気持ちであること、講師の講義内容について行けるだけの能力がないと、受講してもなかなか自分の中に取り込めません。

 

 今回は何故だか、「なるほど」と納得できることばかりで、本当に受講して良かったと思っています。

 



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

経営革新塾に参加

 新年早々の1月10日、世間では3連休で遊んでいる人もいたでしょうが、私は経営革新塾に参加しました。1月中に4回、24時間コースの勉強会です。

実は経営革新塾参加は3回目ですが、 講師は3回各々異なります。違う講師がトレーニングしてくれますから、当然ながら切り口が異なるので面白い。

今回は大阪と京都出身のお二人なので、関西弁交じりの面白い講義が始まりました。残り3回を楽しみにしています。

 

 私は脱サラ1回目に計画の甘さから大失敗していますから、脱サラする時に創業塾や経営革新塾があの時あったら良かったのに・・・と、随分後悔しました。

 経営革新塾に参加するのは、ずばり自分自身の計画を見つめ直すため。わが社の5ケ年計画を検討しようとしていた時期だったので、丁度良いタイミングで経営革新塾に参加することができました。

 

 今回の受講生は約20名ですが、もちろん業種業態はばらばらで事業規模も違っています。でも、悩みは同じ。どうしたら永続的な安定成長の事業所にできるか・・・です。

 

今回一番驚いたのは、何と・・・このメルマガ「感動事業」の読者が参加しておられたこと。

 

まぐまぐ「感動事業」

 

http://archive.mag2.com/0000205925/index.html

 

名刺交換の時、受講生仲間のYさんから「メルマガ『感動事業』を読んでいます」と言われた時には、「まさか?」と思って半信半疑でしたが、携帯電話に登録して購読しておられるとわかり、疑惑は解消。ただただ感謝するのみでした。

しかもYさんは鬱病で悩んでおられることを知り、ますます身近に感じました。

 

私は鬱病を克服しましたが、鬱病の辛さは妻も含めて第3者にはわかってもらえませんでした。だからこそ、Yさんの辛さが良くわかります。

Yさんは現在も専門医にかかり、薬を飲んでおられます。鬱病は薬を飲めばすぐ治るものでもありませんし、「元気を出して」と言われて「ハイ、頑張ります」とも言えません。

 

例えば、「この程度の怪我なら約1週間で治る」と予測できるのですが、鬱病の場合は、病気とゆっくりじっくり付き合いながら治療するので、完治する時期が予測できないのです。

勉強会の後の懇親会では、通常は講師や受講生同士で仕事の悩みを打ち明けたりするものですが、今回はYさんとはじっくり「鬱病談義」をしました。

 Yさん、ゆっくり治しましょうね。



PermalinkComments(0)TrackBack(0)

経営革新塾に参加

 9月下旬から11月下旬にかけて、佐賀県商工会連合会主催の「経営革新塾」に参加しました。

 1期目はサラリーマンを含む37名が参加して、基本的な経営革新の考え方を勉強しました。既に成功者の部類に入る企業家6名の苦労話を聞き、意見交換をしました。特に1億3千7百万円の借金を10年間で返済し、隙間産業に進出した女性社長には全員が驚きました。

 2期目は中小企業の代表者25名が参加して、自社の強い部分を見つけて3年〜5年先までの経営計画を作成しました。ここでも、すでに経営革新塾を卒業した先輩の企業家との、懇談会がありました。中でも三養基郡みやき町の「お菓子のじろう」大久保社長の、「売上1億円を達成した時よりも、新製品の『昔なつかしいお母さんの味がするロールケーキ』を作っているほうが楽しい」との談話に、全員が拍手喝采でした。

 2期合わせて1万円の受講料でしたが、プロの経営コンサルタントの相談も受けて、自社の長期計画を立案したのはとてもお得でした。それに経営者として、同じ悩みをもつ中小企業の社長達と知り合えてとても良かったです。お互いの悩みを打ち明けあって相談しているうちに、何だか戦友になったようです。

 もう少し詳しい内容を、メルマガ「まぐまぐ」から発行している「感動経営」に連載しました。購読は、当社ホームページ右側から申し込み出来ます。

「クレーム電話・迷惑電話対応の鉄人」からどうぞ・・・

  http://www.denwaya.biz

 

お菓子のじろう



PermalinkComments(0)TrackBack(0)